2021
02.10

夢見る夢子ちゃんのおはなし

精神

あるところに、
夢の国に迷い込んだ
夢見る夢子ちゃんが
いました。

私は、
夢の国にいる夢子ちゃんを
現実の世界へ引き戻そうと
必死に声をかけます。
「ねーねー夢子ちゃん、夢もいいけど、現実をちょっと見てみない?」

「何言ってるのよ!夢なんかじゃない!そっちが夢でしょ?みんな、そうやって私をいじめるんだから、ガルルルル」

「わかった、わかった、ごめんごめん。夢子ちゃんは、まだそのままでいいよー。」

しばらくして

「ねーねー夢子ちゃん、そろそろちょっと現実見てみない?」

「現実って何よ?現実って、、、」

「あー、ごめんごめん、混乱しちゃうね。まだ気にしなくて大丈夫だよー。」

しばらくして

「ねーねー夢子ちゃん」

「現実でしょう?それを見るにはどうしたらいいわけ?」

「え?興味あるの?」

「夢も少し、飽きてきたし」

「夢って思えるんだね?もう少ししたら、教えてあげるよ」

しばらくして

「ねーねー夢子ちゃん」

「はい」

「いつまでも、被害他罰のままでいたら、夢から抜け出せないよー」

「被害他罰?」

「そう。ぜーんぶまわりが悪いっていう、考え方のこと。」

「・・・」

しばらくして

「ねーねー、夢」

「で、私の被害他罰は、最近どうなってるの?」

「そんな食い気味に。被害他罰は、なくなってきてるよー。すごいすごい。現実見る気になったんだねー。」

「もう、早く夢から抜け出したい。お願い、もっと教えて!」

しばらくして

「夢子ちゃん、よくがんばったね。もう現実の世界で生きていけるよ。」

「まだ、ちょっと不安だなー」

「不安は現実と向き合おうとしている証拠だよー。」

「そうかなー。」

「大丈夫。現実の世界で辛くなったら、また夢の世界へ戻っておいでー。」

「えー!もう、夢の世界には戻りたくないなぁ。現実の世界を知ったら、夢の世界はとるに足らないものになったから、、、」

「世の中を信頼して、まわりの人を信頼していれば、きっと大丈夫よ。」

「そうだね。あ、私もう行かなくちゃ!」

そうやって、夢子ちゃんは、現実世界への扉を開けて、夢の世界から出ていったのでした。

夢の世界にいると
あっと言う間に
時が過ぎ去ったけど、

あきらめずに
よくがんばったね
夢子ちゃん!

これからも
見守っていくよー。