2021
02.13

遭遇

表現

ずっと
誰かに見つけて欲しかったんです。

私はここにいるよー

早く見つけてー

いつも心の片隅で
誰かを探しているような気がして、、、

いつからか、目立つことは
好きじゃなくなっていたのに

嫌だ嫌だと思いながらも
自己表現を止めることができなくて、、、

ふと、思い出されたのは

あの時どうして
自分は選ばれなかったんだろう?

私もその舞台に立ちたいよーって

あんなにアピールしてたのに

完全にスルーされて

選ばれたのは私じゃなくて

とびきり可愛いあの子だった

私は、そのみじめさを
茶化したり、おちゃらけたりして
ごまかすしかなかったんだよね。

その傷を開きたくなくて
見て見ぬふりをして
楽しくはしゃいでるほうがラクだった。

でもそれは
ある意味自分の原動力にも
なっていたわけで

選ばれるのを待つのではなく
自分から選んでいく人生を
歩んできたのかもしれない。

見つけてもらえないなら
自分から見つけにいこう!

そうやって、たくましく
生きていくしかなかったんだよね。

でも、本当は見つけて欲しかった。

本来の自分を思い出させてくれる誰かから

だから、あきらめきれずに
再び自己表現というやり方で
振動を出し始めたのかもしれない。

その振動を
心地良いと感じてくれる誰かと
遭遇するために、、、

もしかして、自己表現って
自分を見つけてもらうために
やり続けるものなのかな?

様々な葛藤が邪魔してるけど
抑えきれない振動が
誰の中にもうごめいていて

少なくとも私は
誰でもそうなんじゃないかな?
と感じてて

だからこそ
変な振動じゃなく
自分本来の振動を出していったほうが
心地良くつながれるよね!

見つけてくれて、ありがとう。

もうごまかさくてもいいんだね。

あなたが見つけてくれたから
本来の姿に戻る自信がついたよ。

だからもう
みじめな気持ちとはさよならだね。

ごまかして
変な振動にならないように。

見つけてくれたあなたと
心地良い関係でいられるように。