2021
02.10

本当のやさしさってなんだろう?

精神

一口にやさしさと言っても
いろんなカタチがあると
思いませんか?

その場しのぎの
肩代わり的な
当たり障りのない
テキトーなやさしさもあれば

その人の未来まで思い
一見厳しいけど
何かを変えるほどの影響を与える
本気のやさしさもありますよね。

あなたは
どっちのやさしさが
好きですか?

どちらがいいというわけではなく
その人の精神の状態によって
必要なやさしさも
変わってくることでしょう。

どちらにしても
自分が大事に扱われたと感じたら
気持ちが満たされて
前向きなエネルギーも
出てくるのではないでしょうか?

大事に扱われるというのは
腫れ物を触るように
扱われるのではなく

関心を持って、注意を向けて
真剣に向き合うってもらう。

何を求めていて
何がして欲しいのか?
を感じてもらい

その人のフィルターでジャッジせず
ありのままにまずは受け止めて欲しい。

そういうやさしさに
包まれたら
もう一度
人生やり直す勇気も
出てくるんだろうな、、、

ということで、

荒井由美の「やさしさに包まれたなら」

を歌ってみました