2021
02.10

バスローブ! それは思春期男子ママにとって 必須アイテムだった

精神

みなさんは、
アイテム1つで、
生活が劇的に
快適になったことって
ありませんか?

ああ、これ、もっと早く
知ってれば良かったー!
となるやつです笑

私は、思春期の息子との関係で、
それを発見しました。

良かったら、この話、
お付き合い下さい。

今は、コロナによる休校が長引き
お子さんとの時間が増えて、
うれしい反面
ストレスに感じるママもいるのが、
正直なところですよね。

特に、思春期のお子さんとは、
適度な距離を保ちたいところです。

私も、思春期の息子との
距離感や取り扱いには、
それなりに気を配ってます。

が、たまに土足で踏み込んじゃいます笑

1つの例として、
ちょっと恥ずかしいのですが、
実は私、昔から裸族なんです。

けれど、さすがに、
自宅にいる時に、
ずっとというわけではなく
朝のシャワーの後と、
夜の入浴の後です。

いや、正確には、
だったのです。

息子が思春期に突入するまでは、、、

ある日、息子にこう言われました。

「お母さん、俺も年頃だから、いい加減に風呂上りに服を着てくれ!」

「ええ?お母さんの体なんて、あんたと大して変わらないから、いいじゃん」

はい、私の体は少年のようなのです笑

しかし、そこへ、夫が割り込みます。

「おいおい、思春期の男子にとって、母親の裸ほど、気持ち悪いものはないよ。俺もかつてそうだった。性の目覚めを阻害するから、お風呂上がりは、すぐに服を着なさい。」

2人の男に詰め寄られ、
私はとうとう
裸族を断念することにしました。

でも、どうしても、
シャワーやお風呂上がりに
服をすぐに着たくないのです。

そこで、思い付いたのが
バスローブでした。

でも、タオル地だと、
乾きにくいし、重たいし、
ゴワゴワするし、、、

それで、ネットで色々探して、
フワモコ素材のバスローブを
見つけました。

これが、とってもいいのです。

軽いし、すぐ乾くし、
なんと言っても肌触りが
柔らかい。

そして、冬場は、
とっても暖かいのです。

この、バスローブ生活が
始まってからというもの、
とても快適になりました。

裸ほど開放感はないものの
服ほど締め付けはないので、
シャワーや風呂上りの作業を
ルンルン気分で行うことができます。

アイテム1つで
こんなに生活が素敵に
なるんですね!

気づかせてくれた
思春期の息子に感謝です!

みなさんも、
アイテム1つで、
劇的に生活が快適になったことって
何かありますか?

自宅で過ごす時間が
増えたからこそ
なるべく快適に過ごせたら
ご機嫌になりますよね♪

水面を鏡がわりに、
アイメイクの仕上がりを
片目ずつチェックするご機嫌な私笑↓