精神内界の旅 なつかしさとは?

なつかしい。

 

それは

時は戻せないと知っている理性が

せめて感情だけは

タイムスリップさせてくれようとする

やさしさなのかもしれない

 

時間軸も備えた四次元的な精神内界で

感情は過去も未来も自由に行き来できる

 

体全体にしみわたる

穏やかであたたかい高次な感情

 

現実の厳しさに

打ちのめされそうになった時

なつかしさに出会うと救われることがある

 

理性が見せる小粋な思いやり

 

人間に生まれた特権だろうか

 

そこには

どこかチクリと感じる

やるせなさやむなしさも潜む

 

いいことだけでよかったのに

余計なオマケがついてきそうなところで

 

感情は現実に引き戻される

 

歳を重ねるほどに

なつかしさが積み重なっていくのは

 

きっと何かが癒される必要があるからだと思いたい

関連記事

  1. なぜかヘンタイについて考えてみる

  2. 夢見る夢子ちゃんのおはなし

  3. 取り戻した創造性を失わないようにしていくために必要不可欠な方法とは?

  4. 自己探究に必要なのは賢さじゃなくて戸惑い

  5. 天才かどうかは死んでみないとわからない

  6. 風の時代ってなんだろう?まあとりあえず踊るか♪

  7. 現実逃避?いえいえ幻想ごっことも言います♪

  8. 自分のダークサイドに向き合う勇気ありますか?

メールマガジン登録はコチラから

PODCAST番組はコチラから