2019
07.14

取り戻した創造性を失わないようにしていくために必要不可欠な方法とは?

表現

誰にでもある創造性の力は、
今からでも取り戻せます。

しかし、せっかく取り戻せた創造性も、
油断していると、すぐにまた縮こまって、
失ってしまいます。

創造性を維持して、
さらに開発していく。

今回は、この方法について、
お話してみたいと思います。

興味のある方は、
ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

なんとなく創造性がよみがえってきたものの、形にはならない

私は、創造性のセミナーを受けて、
本能優位になれば良いということが、
なんとなくわかってきました。

しかし、現実問題それをどうやって、
形にしていけばいいのかは、
まだよくわかりませんでした。

おそらく、自分の中にある、
本物のワクワクが、
自分の創造性なのだろうと、
感じてはいるものの、
それをどう発揮して、
どうコントロールして、
どう人生に活かしていくのか?

そこは、まだモヤモヤと、
霧の中にいました。

なんとかして、自分の創造性を維持、開発したいと考える

あまり考えすぎないようにしようと、
思えば思うほど、
考えてしまうというドツボにはまります。

とにかく、目の前に現れたことに、
直感的に飛びつくことを繰り返していました。

そうしているうちに、続くこと、続かないことが、
自然に分かれていきました。

本能に戻る意識で、以前よりは、
「ならねば」や「べき」と距離を取ることが、
できていました。

直感的に、あり、なし、今だ、今じゃない、
などを、感情を抜きにして、
即座に判断する習慣がついていきました。

元々、高校時代に「傍若無人」というあだ名が、
つけられるほど、
他人の目を気にすることは、
ほとんどなかったのですが、
ますます、恥を感じずに我が道を行く、
おめでたい人になっていったような気がします。

しかし、だんだん、
それだけでは、何かが足りない気がしてきました。

本能に立ち戻るだけでは、いけないことに気付く

創造性を取り戻すために、
それまでに刷り込まれた、
邪魔な思考パターンを振り払うことが、
必要なのはわかります。

しかし、自分の創造性を、
誰かと共有したり、
誰かの役に立たせるためには、
やはり、知性や、理性も必要なことが、
わかってきました。

今までの、
しつこい思考パターンや、クセ、習慣に気づき、
創造性を活かせるような思考パターンに、
再生していく。

そういう、内面の知的操作が必要なのです。

もっと具体的に言うと、

① 取るに足らない独りよがりな固定観念を捨てる

② 歪んだ浅はかなプライドを捨てる

③ 「自分なんてダメだ」という自傷的自己愛をやめる

④ 「でもなー」と言う不安を棚上げする

⑤ 恥ずかしさ、照れ、世間体を捨てる

⑥ 地位、肩書き、資格にしがみつくのをやめる

⑦ 直面化を避けた自己保身に走るのをやめる

など、気づかないといけない、
邪魔な思考パターンは、
耳が痛くなるようなことばかりです。

それらを、一旦、めちゃくちゃに破壊して、
創造性を活かせるような、
新しい思考パターンを再生する。

自分の思考自体を、
破壊→再構築していかないといけないことに、
気づいたのです。

破壊するときには、
痛みを伴うこともありますが、
そのあとは、
その邪魔な思考に、
エネルギーを奪われることがなくなります。

創造性を活かすための思考に、
エネルギーを集中することが、
できるようになるのです。

そして、その過程には、
本能だけでなく、
知性や理性の協力を得ないと、
成し遂げられないのです。

創造性を使って何がしたいのかが大事

さらに、その創造性を維持して、
発展していくためには、
やはり、快な目的が必要なのです。

自分が、この先の人生どうなっていきたいのか?

自分にとって、
最高の人生とはどういうことなのか?

晩年、老人ホームや病院で、
自分の過去を振り返って、
誰かに話すとき、
どんなストーリーを語りたいのか?

つまらないストーリーを語りたいのか?

面白いストーリーを語りたいのか?

思考が再構築されたら、
今まで考えられなかったような、
自分の未来が、
想像できるようになるかもしれません。

そして、自分で勝手に作っていた境界線がなくなり、
分断されていた、
違うグループとの融合が始まるのです。

見たことも、聞いたことも、感じたこともない世界に、
自分がワープする。

邪魔な思考がなくなると、
自分をそういうふうに、
創造していくことも可能になるのです。

創造性を人生に活かす。

そういう、目的こそが、
創造性を維持して、
発展していくために必要なのです。

創造性の使い方がわからないと、消えてしまう

子供は、遊びの中で、
創造性を惜しみなく発揮していますが、
その場しのぎで、形には残らないですよね。

中には、
幼い時からすでに、大人並みの知能が発達し、
世の中に共有できる形で発信できる子供もいますが、
稀です。

子供の、創造性は、
まだ本能だけなので、
知性を使って、
形を整えることは難しいのです。

そして、子供は、
ただその場が楽しければいいので、
創造性を発揮するのに、
特に長期的な目的もないのです。

年齢が上がってくると、知能の発達とともに、
そういうものも芽生えてくるにしても、
大人ほどではありません。

創造性は、目的がないと、
その場限りで消えてしまうのです。

私も、どちらかというと、
その場が楽しければいいか、
というタイプなのです。

なので、仮に創造性を発揮していても、

「いいじゃない。今がただ楽しければ。
人生の目的に活かすとか、
そんな難しいことはどうでもいいでしょ?」

という、天使のような悪魔のささやきが、
聞こえてきて、いつも戦ってます。

子供のように、ただただ、
わーいわーい、きゃっきゃっ、
と遊んで終われれば、
気が楽なものです。

しかし、
知性が身についた大人になってしまった以上、
それでは、飽き足らないのが、現実なのです。

さらに開発して、自分の人生を変えていく

創造性を邪魔する思考が消えてなくなり、
創造性を活かすような思考が、
再構築されて、
あとは、自分の人生の目的に対する情熱が、
沸き起こってくれば、
創造性は爆発的に溢れ出し、
あなたの人生を変容させていきます。

また、今までと違う世界、
接したことのなかった人、
と触れ合いで、
新たな思考が触発されます。

邪魔してくる思考のために、
時間や、お金や、労力、
などのエネルギーを使うのではなく、
創造性を活かすようなことに、
エネルギーを注ぐ。

そうすると、
創造性は、どんどん開発されていきます。

そうしていくうちに、
自分が本当にしなければならない、
努力、スキル、知識などの、
さらに高めていく具体的な方法が、
わかってくると思います。

途中、無駄と思えることもあります。

疑いや、迷いもあるでしょう。

しかし、
本当のワクワクは、刹那的ではないのです。

山あり、谷ありでも、
静かに、メラメラと持続していく。

完全に消えることはない、
自分が持っている、本来の創造性、
そこからワクワクが、人生を通じて、
ずっと生み出されていくのです。

それ以来、私の人生は変わり始めている

そういうことに、
気づき、意識し始めてから、
私の人生は、変わり始めています。

まだ、微々たるものなのですが、
1年前の今頃と比べたら、
はるかに、創造的な生活を送ってます。

もう、買い物や、マッサージや、
エステや、娯楽目的の旅行など、
刹那的な快楽には、
あまり見向きをしなくなりました。

もっと、持続的で深いワクワクが、
見つかったからなのかもしれません。

そして、これから、
それをどう発展させていくのか、
少しずつわかってきているのです。

1年前には、こうやって、
ブログを書くことなど、
想像もできませんでした。

今なら、もう、
このレベルのブログでよければ、
開設から書き方まで、
誰かに教えることもできます。

そもそも、私は、小学生の時から、
ずっと作文などの文章を書くことが、
嫌いで苦手だったのです。

しかし、
それもきっと何かの思い込みでした。

物語を空想して、
主人公になりきるのは好きだし、
自動的によくやっていたわけですから、
きっと、ストーリーを考えるのは好きだし、
得意だったのです。

ただ、字がうまく書けないのと、
小さいマスに字をきちんと書きこむことが、
苦手だったのです。

しかし、大人になって、
そういう苦手もだいぶ克服された今、
本来の空想力を発揮できる時がきたのです。

それに気づくか、気づかないか、
だけだったのです。

あなたの創造性で、これからの人生の物語を作っていきませんか?

さあ、次は、あなたの番です。

もうすでに、
気づいて人生が動き始めている方も、
いるかもしれません。

誰の中にも、創造性は必ずあります。

それを呼び覚まして、
発展させていく、勇気があるかどうかです。

創造の前には、必ず、破壊があります。

ほとんどの人は、その破壊が怖いのです。

今別に困ってないから、このままでいい。

そう感じるなら、
まだ準備はできないないかもしれません。

無理はしなくていいと思います。

1度動き出したら、
逆に止めることが難しくなるかもしれませんから。

人は、同じところにとどまるのが、
楽だし、安心するものです。

けれど、なんか、そこにいるのが、
居心地悪い、もぞもぞする、ムズムズする、
などの不快感を感じている方がおられたら、
それは、そこから出ていくサインです。

あなたの中の創造性が、
もう間も無く爆発しそうです。

解放してあげてください。

そして、あなたの人生の物語を、
創造性と情熱で、
紡いでいってあげてください。

あなたの人生は、
かけがえのないものですし、
誰のものでもない、あなたのものです。

あなたの人生は、あなたにしか、
創造できませんから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の持っている創造性を、
人生に活かすことができたら、
それ以上の喜びはないかもしれませんね。

人と競うものではないですし、
結局は自分の人生の幕を閉じるときに、
十分出し切ったと、満足できるかどうか?

自暴自棄ではなく、どうせ最後には、
みんな平等に人生で1度だけ、
命を終えるんだから。

そう思うと、
これまでしがみついてきた、
ちっぽけでとるに足らない、
邪魔な思考たちは、
一体なんだったのだろう?

となって、消滅していくといいですよね。

私も、まだまだ、道半ばで、
発展の余地がありありですが、
スタートはしています。

創造性を意識したことはなかったけど、
ピンときたセミナーを受けいって、
開発されていきました。

そうやって、これからも、
ピンときたものに飛びついて、
さらなる創造性の発展と、
人生への活かしに、
つとめていきたいと思います。

最後まで、
お付き合いいただきまして、
ありがとうございました!