2021
02.13

終わってみれば、面白い1年でした

精神

そういえば去年の今頃は
シンガポールから日本へ向かう飛行機の中だったと
思い出します

雲の上で、これからどんな1年になるのか
ぼんやりと考えていたような、いなかったような

どこからか、急げ急げ!と
言われたような気がしたかと思えば

突然、待て!と言われて
ロックダウンされたような感覚になり

そんな今年の幕開けでした

いつ、勤務先の病院に缶詰になるかわからないから
覚悟はしておこう

でも、まだ大丈夫な間は
頭の中や心だけは自由でいたい

空想の世界なら何をしても自由だし
家の中にいても誰かと心をつなげることはできる

自由に身動きが取れない中で動き始めた
オンラインという自由な世界

思い切った発信をしてみることで
自分の分野とは全く異なる方々とつながりができたり
知らない世界をのぞいてみたりして
むしろ自分の奥行きが
広がっていったような気がしました

そんなふわふわとした
味わったことのない1年間

そんな1年が終わる今、感じていることは、、、

生きていたら色々あるけど
生きてさえいれば色々なんとかなるもんだなと

目先にあることに対して怖かったり不安に感じても
未来にはそれはもう解決している

それが信じられれば恐れはなくなる

恐れが減ると
今自分が向き合うこともわかってくる

自分の意識を
解決しようのない不安という幻にとどまらせるのか?

それとも、

もうすでに解決している希望という未来の現実に
向けるのか?

現実を直視せずに回避するというわけではなく
現実を直視するために未来の希望を感じたい

色々思った1年だったけれど
いつも最後には自分の中にある何かが
こうだよって教えてくれる

いろんな生き方や考え方があるけれど
そこの領域だけは他人に侵害されたくはない、、、

鬼滅の刃でいうところの
精神の核というものでしょうか
(いましがた映画見てきた)

そんなことを考えてみる今年の大晦日でした

さて、お節作りをもうひとふんばりして
おいしいお蕎麦をすするとしましょうか

みなさんは、この1年どんな年でしたか?

1年間、投稿やコメントでつながっていただき
ありがとうございました

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ^ ^